人気の大麦若葉の青汁【日々の暮らしの中に気軽に飲む習慣】

女性にも嬉しい健康食品

男女

骨粗鬆症の予防にも

健康食品には色々な種類がありますが、長年人気を集めている「青汁」は中高年以降の女性にもおすすめです。実は青汁には年齢を重ねた女性に起こりやすい、「骨粗鬆症」を予防するための栄養素が豊富に含まれています。骨粗鬆症は骨がもろくなる疾患で、日頃から骨を丈夫にするカルシウムを、しっかり補うことが予防に繋がります。カルシウムを多く含んでいる食品といえば、牛乳やヨーグルトなどが挙げられますが、乳製品は苦手という人も多いでしょう。青汁には意外とカルシウムが含まれており、大麦若葉を主原料とした商品だと牛乳の約10倍ものカルシウム量が入っているようです。これだけ多くのカルシウムが入っている青汁なら、乳製品が苦手な人でも毎日、十分なカルシウムを補うことができます。さらに、丈夫な骨を作るにはカルシウムだけでなく、ビタミンKやビタミンDといった栄養素も一緒に補うことが必要です。ビタミンKは骨にあるタンパク質を活性化し、骨の形成を促す栄養素で実際に、骨粗鬆症の治療としても用いられています。ビタミンDは血液中のカルシウム濃度を維持し、やはり丈夫な骨を作るサポートをする栄養素の1つです。青汁にはビタミンKとビタミンD、どちらの栄養素も含まれているので、骨粗鬆症対策として効果が期待できます。カルシウム・ビタミンK・ビタミンDを、それぞれ補おうとすると、数多くの食品を食べなければいけません。青汁であれば1つで3つの栄養素をバランスよく摂取できるので、骨粗鬆症対策としておすすめです。

Copyright© 2018 人気の大麦若葉の青汁【日々の暮らしの中に気軽に飲む習慣】 All Rights Reserved.